So-net無料ブログ作成
検索選択

Bruckner/Sym3 [交響曲(独墺系)]

そうえいば、しばらくブルックナーを聴いていなかったな、と思ってこれを聴きました。

ブルックナー:交響曲第3番

ブルックナー:交響曲第3番

うーん、もう国内盤は売っていないのかしら。輸入盤もTowerrecordsでは扱ってないみたいなので、HMVで検索してみてください(このページの左側に、検索用の窓があります)。実は今朝、このCDを聴く前にちょっとFMをつけたら、「あれ?」まだCDつけてないぞ(汗

そう、たまたまこの曲をやっていました!ヨッフム/SKD、第3稿でしたが、ちょっとびっくり。こちらは今年再発されたばかりなのですね。

ブルックナー:交響曲第3番

ブルックナー:交響曲第3番

  • アーティスト: ヨッフム(オイゲン), ドレスデン国立歌劇場管弦楽団, ブルックナー
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 2007/03/21
  • メディア: CD

さて、普通のリスナー・プレイヤーでもそうですが、太鼓仲間では特にブルックナーに対する評価は分かれます。というか、タイコタタキで「ブルックナー好き!」というのは明らかに少数派です。特に優秀なプレイヤーほど、「あんなつまらないものはない」という傾向が強いです。私と同年輩のプレイヤーでも、「いままで何十年もティンパニをやってきて一番つまらない曲」といってこの曲(ブルックナーの第3、第3稿)をあげる人、すごく上手なのに「ブルックナーってどこがいいのかぜんぜんわからない」という人、こういった方たちに私がうっかり「ブルックナー好き」とか言おうものなら、小一時間…(笑)です。

たしかにベートーヴェンみたいにオーケストラを引っ張っていく力があるほどでなし、よく比較されるブラームスのほうが、ティンパニを含めたオーケストレーションでは圧倒的に面白い。ブルックナーはティンパニを(特にスケルツォ以外では)あまり使わないし、シロタマのロールばかりでぜんぜん目立たないですからね。曲のツマラナサに輪をかけて、ティンパニはやりがいがないです。でも例えば、第7の第1楽章の最後、初めてppのロールで出てきてコーダまでクレッシェンドしっぱなしでfffまで持っていくなんていうのは、周囲とのバランスをはからないといけないし、大きくなりすぎても逆戻りできなくて緊張感も高いし、面白いと思うんだけどなあ。

そろそろ曲の話も少ししましょう。ワーグナーに献呈したので「ワーグナー」のニックネームがついた第3交響曲は、もともとワーグナー作品からの直接の引用を第1、第2楽章に含んでいました(ワーグナーが見たのはこの状態、ただし終楽章は未完成だったそうです)が、まず1度目の改訂(第2稿)でそれらが落とされ、晩年の改訂(第3稿)でバッサリ短くされます。さらに出版初版(弟子たちの手が入った、いわゆる改訂稿)では、ダイナミクスやスタッカートなどの音の表情の幅が狭められ、いよいよ原型をとどめなくなりました。

インバルの第3の録音は、第4、第8と並んで「世界初の第1稿録音」ということで、長い期間、ある程度の人気があったと思います。第4のように楽章がまるごと入れ替わったわけではありませんが、繰り返しをかなり減らして、約400小節短くなった第3稿とほぼ同等の演奏時間になっており、当時のブルックナー演奏としては破格の早さでした。長い曲をすっきり聴かせようという意図は、コンサバなブルックナー・ファンには受け入れ難いものだったのかもしれませんが、ものめずらしさと、優秀な(今ではちょっとシャリシャリいう感じがしますが)録音ということもあり、そこそこ売れたのでしょう。

私が最初に第3を聴いたのはクナッパーツブッシュの改訂版だったと思います。当時はまだあまりブルックナーを聴かなかったのですが、その後、第2を聴いて、第3とのはなはだしいギャップにびっくりしたのを憶えていますが、改訂版はいろいろな部分で後期(第7、第8)に近い雰囲気を持っています。これに比べると、第1稿はいろいろな楽想が覇を競っているようで、ゴツゴツ、ゴワゴワした聴き心地であり、これなら「第2の次」と言われても納得がいきます。

第3交響曲はニ短調で、特に第1楽章は第九の影響が色濃く出ています。インバルの演奏をもってしても曲全体にやや冗長な印象は否めず、ブルックナー初心者の方には決してお勧めできるものではないと思いますが、第3の第3稿の終楽章が「ちょっと物足りないな」と思ったりしているあなた、そんなあなたにお勧めします!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

mozart1889

stbhさん、おはようございます。TBをありがとうございました。
ティンパニ奏者の言葉、面白かったです。そうなんですか、ブルックナーのティンパニは、奏者に云わせるとアカンのですねぇ・・・・。
ボクら素人は、7番や8番のティンパニは「おぅ・・・・来た来た」という感じで、その登場が楽しみなんですが。
インバル盤には新鮮なショックを受けました。第2楽章のタンホイザー序曲のところなど、副題の「ワーグナー」の意味が初めて分かりました。
インバルのブルックナー・シリーズは、国内ではワーナーの1000円盤で出ているんじゃないでしょうか・・・・あれ?廃盤なんですかね。
by mozart1889 (2007-06-19 03:07) 

stbh

mozart1889さん、おはようございます。最近はいっそうお早いですね。
こちらもコメントとTBありがとうございます。もともと打楽器は出番が少ないのですが、ブルックナーはいっそう…。パート譜がすごく白いんです(笑)

インバルの国内盤、出てくるのと出てこないのとありますね。輸入盤もうまく検索できませんでした。マーラーみたいに安い全集はなかったでしたっけ?でもそれを手に入れると、またダブリ買いになってしまいますね(苦笑)
by stbh (2007-06-19 07:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。