So-net無料ブログ作成
検索選択

Bruckner/交響曲へ短調 [交響曲(独墺系)]

久しぶりにブルックナーを聴きたくなりました。でも長いのはちょっとヘヴィーだな…ということで、この曲。

ブルックナー:交響曲ヘ短調

ブルックナー:交響曲ヘ短調

Teldec盤もAmazonの扱いはありませんでした。特に初稿を採用した第3、4、8番で脚光を浴びたインバルのブルックナーですが、

現在、新品として販売されているものは少ないようです。ワーナーがクラシックから撤退したことも品薄の理由なのでしょうか。以前は第0番とこの曲の2枚組なども店頭にあったのですが…。

この交響曲、何も予備知識が無くて聴いたら、少なくとも冒頭はブルックナーとは思えないのではないでしょうか。あの朝もやの中から日光が差してくるような「ブルックナー開始」とは全く違い、「普通の交響曲」のように始まります。シューベルト、メンデルスゾーン、シューマンといった、彼に先立つドイツの交響曲作家の後に続くにふさわしい作品、といえると思います。言い方を変えれば、ブルックナーの個性はまだあまり発揮されていません。

ブルックナーが後にこの曲の自筆譜を残すとき「習作交響曲」と記したように、彼はこの曲を、管弦楽法などを習った最後の時期に作っています。すでに40歳近いとはいえ作曲家としてのキャリアはまだまだですので、個々の旋律や和声の一部などに彼独自の「節回し」はあっても、全体の構成やオーケストレーションなどが、先人の作の模倣に近くなってしまうのはいたし方ないのでしょう。特に両端楽章はソナタ形式に縛られているようでもあり、あまり新しさは感じられません。上に挙げた先人のうちではシューマンの影響がいちばん強いでしょうか。

それに比べて中間2楽章は、ブルックナーの特質-第2楽章では息の長いフレーズ、第3楽章では無骨なリズム-が発揮されているように感じます。第2楽章での圧倒的なクライマックスはまだありませんし、規模も大きくないですが、美しい旋律が次々と出てくるのはまさにブルックナーならではです。第3楽章も、第3交響曲あたりまでのスタイルがすでに確立されています。

晩年ブルックナーが自分の初期の作品をバッサバッサと処分したときに、「全くの習作」と書き付けたとはいえ、この曲を残してくれたことはありがたいことでした。「ブルックナーの交響曲に順位をつけて」と言われたら、確かに決して上位に来ることはないでしょうが、捨てがたい佳曲だと思います。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

サンフランシスコ人

インバル・チェコフィルは、日本公演を予定していますか。
by サンフランシスコ人 (2008-06-19 02:13) 

stbh

調べた限りではわかりませんでした。
by stbh (2008-06-21 22:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。