So-net無料ブログ作成
検索選択

演奏会のご案内 [実演]

いつものナデージダ、あと1週間ちょっとです。前回に続き渋谷です。

http://www.ac.auone-net.jp/~nadezhda/

第8回演奏会      
 
2012年 9月2日   (日)   14:00   開演
 渋谷区文化総合センター大和田   さくらホール   (渋谷駅徒歩5分)  
 
ピアノ:   浜野与志男
 指揮:   渡辺 新
 オーケストラ・ナデージダ

チャイコフスキー   /   ピアノ協奏曲 第3番 変ホ長調 作品75
 (アンダンテとフィナーレ 作品79 タネーエフ補筆 付き)
  
アルヴェーン / 交響曲 第2番 ニ長調 作品11 
  
◆都合により曲目、曲順、出演者の変更がある場合があります。ご了承下さい。

今回は大曲2曲(と言っていいのか…)のプログラム。アルヴェーンの第2番は彼の交響曲の中では比較的有名なほうかもしれません。緩徐楽章がいちばん長かったり、最終楽章がフーガだったりと重厚な曲です。

チャイコフスキーは問題作で、死の直前に作曲家本人が破棄した交響曲を再構成した第1楽章と、弟子で友人のタネーエフが残されたスケッチをもとに作った第2、3楽章を合わせて演奏します。タネーエフは「あわせて1曲の協奏曲」とするべく作曲(補筆)したようですが、後半2楽章の評価はあまり芳しくなく、録音では通常「協奏曲第3番」というと第1楽章だけが収録されていることが多いです。

協奏曲第3番(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E5%8D%94%E5%A5%8F%E6%9B%B2%E7%AC%AC3%E7%95%AA_(%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC)

アンダンテとフィナーレ(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%86%E3%81%A8%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AC_(%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC)

有名な第1番などと比較すれば、確かに独奏ピアノの華々しさは見劣りするかもしれませんが、終楽章の力強い主題などは晩年のチャイコフスキーらしい重厚さが感じられるように思います。ぜひお聴きになり、ご自分の耳でこれらの曲がどういうものかお確かめください。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。