So-net無料ブログ作成

N響第1774回定期公演 [実演]

最近の大曲志向で演奏される回数は増えていると思いますが、それでもなかなか機会が少ないカルミナ・ブラーナ。おまけに、今回はさらに演奏される機会が少ない「カトゥリ・カルミナ」も演奏されるというので、聴きに行ってきました。

NHK交響楽団 第1774回 定期公演 Aプログラム
2014年1月26日(日) 3:00pm NHKホール

指揮:ファビオ・ルイージ
ソプラノ:モイツァ・エルトマン
テノール*:ヘルベルト・リッパート
テノール**:ティモシー・オリヴァー
バリトン**:マルクス・マルクヴァルト
合唱:東京混声合唱団
合唱**:東京藝術大学合唱団
児童合唱**:東京少年少女合唱隊

オルフ/カトゥリ・カルミナ*
オルフ/カルミナ・ブラーナ** 
 
NHKホールは昨年40周年だそうで、内外に飾り付けがしてありました。D_0725m.jpg

若いころもN響はほとんど聴かなかったので、NHKホールもN響も20年ぶりくらいかな?早めに行って、無事に2階の奥の正面の席で当日券を買えました。カルミナはもうすっかりポピュラーなのか、お客さんはぎっしり9割がた入っている感じ。

前半の楽器はピアノ4台と打楽器(10人!)だけなので、中央にピアノを扇形に置いて、そのまわりに打楽器が、ティンパニ(今日はU松さんでした)を真ん中に円弧状にずらりと並び、後半にはオケが乗るひな壇に合唱が並ぶ配置。指揮者の左右がソリスト(ソプラノ、テナー)。楽器が入るのは前1/3と最後だけで合唱中心の曲なので「オケの演奏会」には珍しいですが、合唱がよくコントロールされていて(東混ならあたりまえでしょうか)楽しく聴けました。ピアノと打楽器もバランスのよい、コントロールの効いたアンサンブルでした。カルミナも歌ったソプラノの人は、現在売り出し中のようで、清楚な声(と容姿)が魅力的でした。テナーのソロがいささか調子悪そうに感じましたが、気のせいかな?そうそう、歌詞はこれまでちゃんと見ていなかったのですが、もらった対訳を見たら「お○ん○ん」などの単語が並んでいて、けっこう赤面ものでしたね。

休憩中にフルオケのセッティングを見るのは珍しいと思います。

C01261550m.jpg 

ピアノは2台減り(1台は下手、1台は上手に引っ込みました)、打楽器をひな壇にのせて膨大なイスと譜面台を並べて、いよいよメインのカルミナ・ブラーナです。合唱も増強し、少年合唱もけっこうな人数(40人くらい?)が入りました。最初の1分くらいは、ここがNHKホールである(音がぜんぜん響かない)ことが気になりましたが、すぐさま音楽に引き込まれました。

実はこの曲、細かいテンポやダイナミクスの変化の指定がたくさんあるわりに、きちんと守った演奏(録音)はあまりないのですが、ファビオ・ルイージはそれを忠実に再現しようとしたようで、ダイナミックな指揮で、終始、合唱やオケを引っ張っていました。とはいえ決して過剰な振りつけではなく、「どこでどういうふうに音楽を鳴らす」かが初見でもわかるような、明快な指揮でした。

この棒に、演奏するほうも十分に応えていたと思います。合唱は音程・リズムとも的確で、かつ大迫力でしたし、3人のソリストも表情豊かで(ソプラノの人、最後のソロは楽譜を置いて手振りをつけて歌っていました)、熱演、と一言で済ませてしまうにはもったいない、素晴らしい演奏でした。いやほんと、恥ずかしい話ですが最後は泣いちゃいました(;_;)

盛大なブラボー(not flying)と拍手は延々と続き、いったんオケが解散して途切れたのですが、合唱の退場時にまた拍手が起こって、全員ステージからいなくなるまで続きました。

D_0726m.jpg 

とても良い演奏会に参加でき、大満足でした。ファビオ・ルイージって、こういうシアター・ピースのような作品のほうが(普通のオケ曲より)得意なのかもしれませんね。今後もいい演奏に期待したいと思いました。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。