So-net無料ブログ作成
検索選択

PROJECT B 2014 [実演]

本格的な新緑の季節となってきましたね。昨年に引き続き、こちらの演奏会を聴きに行きました。

"PROJECT B 2014"
(PROJECT Bオーケストラ第2回公演)

http://projectb.blog.so-net.ne.jp/ 

もちろん、ピアノの田中さん、指揮の畑農さんは昨年と一緒です。
場所も昨年と同じ第一生命ホール、隅田川沿いの主役はソメイヨシノから八重桜にかわっていました。

D_0927m.jpg

今回の曲目は「エグモント」序曲、交響曲第4番、そしてピアノ協奏曲第2番でした。

プログラムにも言及されていたように、作曲年代をさかのぼる曲順で演奏されました。前半は序曲と交響曲。

c041213.jpg

オーケストラの配置はほぼ前回同様で弦が下手から1st、チェロ、ヴィオラ、2ndの対向配置でチェロのうしろにコントラバス。管はトロンボーンがいないからか、今回はよく見る配置(前列下手側フルート・上手側オーボエ、後列クラリネット・ファゴット、その後ろにホルン・トランペット、その隣にティンパニ)でした。

オーケストラの溌剌とした響きは前回の演奏会と同様でしたが、今回はダイナミックさがいっそう増し、かつ緻密になっていたように感じました。特に交響曲は古典的な構成の中に新しい和声やオーケストレーションをちりばめた、優雅さとダイナミックさが同居する、ある意味難しい作品だと思うのですが、この曲想にふさわしい、バランスのとれたよい演奏だと感じました。自分が大好きな曲であることもあり、前回以上に楽しめました。

休憩になるとピアノが出てきて、ティンパニが片付けられました。

c041215.jpg

ピアノ協奏曲第2番は「ベートーヴェンの最初のピアノ協奏曲」として知られています。基本は1780年代、ベートーヴェンがまだ十代のころに作曲されていたようで(Wikipedia等参照)、その後ロンド楽章を差し替えたりして、1795年初演、1801年出版は第1番と似たような時期になったようです。ピアノの楽想は第1番がいかにもベートーヴェン的な大胆さがみられるのに比べて第2番は優美で古典的ですし、オーケストラも第2番のほうが小さく、クラリネット、トランペット、ティンパニがありません(今回、ホルンは前半クラリネットがいた席で吹いていました)。

第3番をあれだけ鮮やかに演奏した田中さんですから、今回も期待にたがわず美しく爽やかな演奏でした。第2番の曲想は田中さんの表現に合っている、という先入観がこちらにあったからかもしれませんが、ピアノがとても自然に聞こえ、オーケストラもよくピアノと調和していたと思います。弦楽器はそれほど少なくなかったのでオーケストラの表現の幅があり、かつ、ソリストともども独特の軽さというか浮遊感というか、フワッとした感覚が心地よく思われました。

アンコールは日本人のロマンティックなピアノ曲(名前・曲目とも失念…(>_<)残念)と協奏曲の第3楽章(これは前回と同じ)。今回もたいへん楽しめた演奏会でした。もっと長くカーテンコールやってもよかったんじゃないかな、と、ちょっと思ってしまいました。

次回(来年)は協奏曲も交響曲も第1番ハ長調、いよいよ折り返し点(かな?)ですね。「春の楽しみ」がひとつ増えました(^_^)


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 1

Lionbass

昨年に続きご来場ありがとうございました。
また早速ご感想をアップいただき大変ありがたく存じます。
序曲と交響曲は、ホールの音響にも助けられて、とても「分厚い」音がしていたように思います。
協奏曲は「もっとはずんだ感じを出したい」と思いながら練習していましたが、伝わったでしょうか?

また精進しますので、来年の「ハ長調プログラム」にも是非ご期待ください。
ありがとうございました。
by Lionbass (2014-04-14 12:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。