So-net無料ブログ作成

Mozart/雀のミサ [声楽曲]

今年はまともなエントリーがずいぶん減ってしまいました(>_<)

(それなりに)しっかり音楽を聴く、ということが、だんだんできなくなってきている来ているような気もします。こんな調子じゃ老後の楽しみが無くなっちゃう(苦笑)。そんな中、最近、何回か繰り返して聴いているのがこの曲です。

モーツァルト:戴冠式ミサ

モーツァルト:戴冠式ミサ

  • アーティスト: レーゲンスブルク大聖堂聖歌隊,クーベリック(ラファエル),クレー(ベルンハルト),シュレムス(ハンス),ドレスデン国立管弦楽団,バイエルン放送交響楽団,オットー(ハンス)
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2007/02/28
  • メディア: CD



このCDのメインはご覧のように「戴冠式ミサ」K.317です。これはモーツァルトのミサ曲の中ではハ短調K.427と並んで有名な曲ですね。「戴冠式ミサ」と似たような長さ(全曲20分あまり)で、同じハ長調をとるミサ曲K.220、通称「雀のミサ」を今回とりあげます。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Faure/レクィエム [声楽曲]

梅雨明け宣言の蒸し暑さには似合わないような気もしますが、この曲を聴きました。

フォーレ&デュリュフレ:レクイエム~宗教曲集

フォーレ&デュリュフレ:レクイエム~宗教曲集

  • アーティスト: デュリュフレ,フレモー(ルイ),スーリッス(ジャン),デュリュフレ(モーリス),デュリュフレ(モーリス),ジョルダン(アルミン),ユボー(ジャン),モンテ・カルロ国立歌劇場管弦楽団,コンセール・ラムルー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1995/07/25
  • メディア: CD

ああ、また廃盤かあ、と思ったら、SHM-CDが出ていました。

フォーレ&デュリュフレ:レクイエム~宗教作品集【SHM-CD仕様】

フォーレ&デュリュフレ:レクイエム~宗教作品集【SHM-CD仕様】

  • アーティスト: フレモー(ルイ),デュリュフレ,ジョルダン(アルミン),スーリッス(ジャン),デュリュフレ(モーリス),デュリュフレ(モーリス),ユボー(ジャン),モンテ・カルロ国立歌劇場管弦楽団,カロル(シャノワール・アンリ),コンセール・ラムルー管弦楽団,ローザンヌ室内管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2009/04/22
  • メディア: CD

 

この録音がなされたのは1962年、「初のボーイ・ソプラノを起用した録音」だったのだそうです。ボーイ・ソプラノは約10年後に録音されたコルボ盤が有名ですね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Mozart/レクイエムrevisited [声楽曲]

うかつなことに今まで知らなかったのですが、横浜市中央図書館に楽譜があり、借りられることに気がつきました!そこで喜び勇んで借りてきたのが、真っ赤な表紙がいやでも目につく(笑)ベーレンライターの「新モーツァルト全集全20巻」の2冊目、宗教的声楽作品の第2巻です。何がお目当てかということは、これをご覧いただければわかりますよね。

005m.JPG

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bach/ロ短調ミサ [声楽曲]

バッハは限られた曲しか聴いてきませんでした。この曲をまともに聴くのはこれが初めてでした。

バッハ:ミサ曲ロ短調(全曲)

バッハ:ミサ曲ロ短調(全曲)

  • アーティスト: レオンハルト(グスタフ),バッハ,ラ・プティット・バンド
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2005/06/22
  • メディア: CD

私が購入したのは輸入盤ですが、いずれにしても、なんと感動的な音楽でしょう!「もともとまとめられる予定ではなかった」「つぎはぎの寄せ集め」などの否定的な言葉に踊らされていた自分が恥ずかしいです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Britten/戦争レクイエム [声楽曲]

しばらく前に書きかけたエントリーだったのですが、セーブに失敗したので萎えてしまいました。それだけが理由ではありませんが、今月のエントリーは3つだけ。ちょっと寂しいですね…。

さて曲は、昨年の3月に何度かに分けてご紹介した「戦争レクイエム」、私の大好きな曲・録音のひとつです。

ブリテン:戦争レクイエム

ブリテン:戦争レクイエム

  • アーティスト: ブリテン(ベンジャミン),ヴィシネフスカヤ(ガリーナ),ピアーズ(ピーター),フィッシャー=ディースカウ(ディートリヒ),バッハ合唱団,ロンドン交響楽団合唱団,ハイゲート学校合唱団,ブリテン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2006/10/25
  • メディア: CD

アマゾンにはいくつか自作自演の「戦争レクイエム」がありますが、現役盤のリンクは上のものだけだと思います。というわけで、やっと「リハーサル盤」を聴くことができたのでご紹介したいと思います。本編の録音などについては以前書きましたので、そちらをご覧いただければありがたいです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Verdi/レクイエム [声楽曲]

So-netブログも、私の体調もいまいちなので、ずいぶん間が開いてしまいました。とはいえ、ぜんぜん音楽を聴かないわけではないので、簡単にご紹介しましょう。例によって昔のライヴです。

ヴェルディ/レクイエム

ソプラノ:カーティア・リッチャレッリ
メゾ・ソプラノ:ブリギッテ・ファスベンダー
テナー:バリアーノ・ルケッティ
バス:フェルッチョ・フルラネット

指揮:リッカルド・シャイー
合唱指揮:ヴォルフガング・シェーファー
フランクフルト聖歌隊
フライブルク声楽アンサンブル
ベルリン放送交響楽団

1984年10月8日、ベルリン・フィルハーモニーホールにて

シャイー指揮のレクイエムの録音をさがしたのですが、少なくとも現在は出ていないようです。昔はありましたっけ?シャイーの常任時代のベルリン放送交響楽団(現在のベルリン・ドイツ交響楽団、同名の楽団が「東」にもあって、ややこしいですね)の演奏会、何かの記念演奏会だったと思うのですが、FM放送時に「ドイツなのにヴェルディをやると話題になった」という解説がされていたと記憶しています。当時30歳を過ぎたばかりのシャイーがこの曲をとりあげるに際して、実はかなり大変な思いをしたのかもしれませんね。

イタリア最大のオペラ作曲家ヴェルディは、自作のプロモーションにも積極的に取り組んでいました。しかし、ロッシーニ追悼のために当時の作曲家達に呼びかけてレクイエムを作曲・演奏しようとした企画は、失敗に終わります。その曲はリリングによって蘇演されました。この演奏会のDVDが出ています(Towerrecordsへのリンクです)。

ヴェルディ他:ロッシーニのためのミサ/ヘルムート・リリンク

 

このとき自分が作曲した「リベラ・メ」をもとに、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bruckner/TeDeum [声楽曲]

年末のバタバタの合間をぬって(苦笑)、2007年最後のエントリーはブルックナーの「テ・デウム」。聴いた録音は、残念ながら現在、販売されていないようです。

 

テ・デウム

テ・デウム

  • アーティスト: ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団, ブレゲン(ジュディス), リロワ, メベン, アンション, ウィーン国立歌劇場管弦楽団, メータ(ズービン), ブルックナー
  • 出版社/メーカー: キング
  • 発売日: 1993/06/23
  • メディア: CD

入手しやすい録音はこのあたりでしょうか。

 

ブルックナー:テ・デウム

ブルックナー:テ・デウム

  • アーティスト: ヨッフム(オイゲン), バイエルン放送合唱団, シュターダー(マリア), ホルム(リヒャルト), ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団, ヴァーグナー(ジークリンデ), ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団, ビルグラム(ヘトヴィヒ), ラーベラー(ルートヴィヒ), シューベルト(ヴォルフガング), ブルックナー
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1999/07/01
  • メディア: CD

生涯を通じて教会と深くかかわってきたブルックナーは、交響曲を作り始める以前から多くの宗教曲を作曲しています。ヨッフムはそのほとんどを録音していますので、安心して聴けると思います。

「テ・デウム」はブルックナーの宗教曲の集大成ともいえる作品で、作曲時期は

続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Verdi/Requiem [声楽曲]

久々に関東直撃の台風で、交通機関の混乱、河川の氾濫、土砂災害などのニュースに混じって、この人の訃報も流れました。ルチアーノ・パヴァロッティ、享年71歳。ガンで闘病中だったのですね。好き嫌いはあるでしょうが、イタリアを、いや世界を代表するテナーであったことに、正面から異論を挟める人はいないでしょう。デッカ専属となり、主に70年代から夥しい録音にも参加していますが、例えばカラヤン/BPOとのボエームなど、今でもベスト・ワンと言える名盤だと思います。

今回は、彼の参加したヴェルディのレクィエムを聴きました。まず代表的な録音として、こちらを挙げておきます。古い盤なので売切れてしまうかもしれませんが…。

ヴェルディ:レクイエム

ヴェルディ:レクイエム

  • アーティスト: ショルティ(サー・ゲオルグ) シカゴ交響楽団, ショルティ(サー・ゲオルグ), サザーランド(ジョン), ホーン(マリリン), パヴァロッティ(ルチアーノ), タルヴェラ(マルッティ), ウィーン国立歌劇場合唱団, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団, ヴェルディ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2007/02/14
  • メディア: CD

これは60年代後半の録音だったと思います。サザーランド、ホーン、タルヴェラはいずれも60年代後半を代表する人たちばかりです。パヴァロッティは、この曲を他に

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Perotin/Viderunt [声楽曲]

フランツ・シュミットの歌劇「ノートル・ダム」の情報を検索していて、ふとこの曲を思い出し、聴いてみました。今まで取り上げた中で、圧倒的に古い音楽です。1200年前後に活躍した「ノートル・ダム楽派」の巨匠、ペロティヌス(ペロタン)の4声オルガヌム、Viderunt omnes 「地上のすべての国々は」。

ゴシック期の音楽

ゴシック期の音楽

  • アーティスト: マンロウ(デイビッド), ロンドン古楽コンソート, レオニヌス, ペロティヌス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2002/06/26
  • メディア: CD

 

このCDはゴシック期全般(だいたい12から14世紀)の代表曲が集められた抜粋盤なので、ノートル・ダム楽派はわずかで、それよりあとの音楽が中心に編纂されています。もともとはLP3枚組で出ていたものの抜粋盤です。

私がLPで聴きなじんだ演奏はこちらでした。

パリ・ノートルダム楽派の音楽とランス大聖堂の音楽

パリ・ノートルダム楽派の音楽とランス大聖堂の音楽

  • アーティスト: コンソート(デラー), デラー・コンソート, マショー, コレギウム・アウレウム合奏団, ターナー(ブルーノ)
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2004/06/23
  • メディア: CD

もともと、マショーの「ノートル・ダム・ミサ曲」が聴きたくてこのLPを買ったのですが、余白に入っていた「ノートル・ダム楽派」の音楽に衝撃を受け、その後はこちらばかり聴いていました。デラーは1961年、マンロウも1975年の録音ですから、近年の整理されたアンサンブルとはまったく違ったアプローチになっています。特に

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Mozart/Spatzenmesse [声楽曲]

モーツァルト・イヤーもあとわずか。駆け込みになりますが、モーツァルトの作品を取り上げたいと思います。今回は、ちょっとマイナーな曲(^^;

モーツァルト:戴冠ミサ

モーツァルト:戴冠ミサ

  • アーティスト: クーベリック(ラファエル), シュミットフーバー(ヨーゼフ), バイエルン放送交響楽団, バイエルン放送合唱団, マティス(エディト), プロクター(ノーマ), グローベ(ドナルド), シャーリー=カーク(ジョン), トロヤノス(タティアーナ), ラウベンタール(ホルスト・R), モーツァルト
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 1997/02/05
  • メディア: CD

「戴冠ミサ」のほうがもちろん有名ですが、ここでは、

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Tada/NakaKansuke [声楽曲]

ずいぶんと間が開いてしまいました(^^; いよいよ本格的な秋到来ですが、季節感はあまり関係なく(^^; このCDから「中勘助の詩から」を。

日本合唱曲全集「雨」多田武彦作品集

日本合唱曲全集「雨」多田武彦作品集

  • アーティスト: 合唱, 京都産業大学グリークラブ, 吉村信良
  • 出版社/メーカー: 日本伝統文化振興財団
  • 発売日: 2005/10/21
  • メディア: CD

一口に「音楽をやっている」といっても、やっているものごと(例えばピアノ、声楽(ソロ)、器楽(ソロ)、合唱、オーケストラ、吹奏楽、マンドリン、…)にコミュニティがあって、それぞれ独特の世界を持っていますよね。オーケストラの中でも弦、木管、金管、打楽器はそれぞれ肌合いが違いますし、さらに

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Beethoven/MassC [声楽曲]

トゥーランドットから、はや1週間、ずいぶん間があいてしまいました。そろそろいつもの「鑑賞記」に戻りましょう。

今回は…そうですねえ、「隠れた名曲」になってしまいますか。

Beethoven: Missa Solemnis & Mass in C Major

Beethoven: Missa Solemnis & Mass in C Major

  • アーティスト: Hans Sotin, Marius Rintzler, Ludwig van Beethoven, Carlo Maria Giulini, Dame Janet Baker, London Philharmonic Orchestra, New Philharmonia Orchestra, Elly Ameling, Heather Harper, Robert Tear
  • 出版社/メーカー: EMI
  • 発売日: 2001/01/09
  • メディア: CD

ミサ・ソレムニスとセットの2枚組です。フランスEMIの企画のようですが、ディスクはオランダ製でした。ハ長調ミサOp. 86の演奏者は以下のとおり。

Elly Ameling (s), Janet Baker (ms), Theo Altmeyer (t), Marius Rintzler (b)
New Philharmonia Chorus, New Philharmonia Orchestra, Carlo Maria Giulini

また、「かんらん山上のキリスト」も付いてくるブリリアント3枚組はこちら。アマゾンってブリリアントも扱っていたのですね。

Beethoven: Missa Solemnis; Mass in C major; Christus am Ölberge

Beethoven: Missa Solemnis; Mass in C major; Christus am Ölberge

  • アーティスト: Hans Sotin, Marius Rintzler, Michel Brodard, Ludwig van Beethoven, Carlo Maria Giulini, Helmuth Rilling, Dame Janet Baker, London Philharmonic Orchestra, New Philharmonia Orchestra, Stuttgart Bach Collegium
  • 出版社/メーカー: Brilliant
  • 発売日: 2005/12/20
  • メディア: CD

オーケストラが3つ(ロンドン・フィル、ニュー・フィルハーモニア、シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム)併記してあるので、たぶん2つのミサ曲がジュリーニ、「かんらん山上のキリスト」がリリングの指揮によるものだと思います。違っていたらごめんなさい。

巨峰「ミサ・ソレムニス」の陰に隠れてしまい、演奏、録音、言及いずれも少ない曲ですが、作曲時期は

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

Verdi/Requiem [声楽曲]

今年の桜ももう終わりです。でも今年は、週末で2回、楽しめましたね。2回目の、川面に散り行く桜。川べりの屋台と人出はすごかった。

なんとなく人の声が聴きたくなって、今日はこれ。往年の名盤です。ジャケ写がないのが残念ですが、昔のジャケットがそのまま使われているのは好ましいですね。

 

ヴェルディ:レクイエム&聖歌四篇

ヴェルディ:レクイエム&聖歌四篇

  • アーティスト: ジュリーニ(カルロ・マリア), シュワルツコップ(エリザベート), ルートビッヒ(クリスタ), ギャウロフ(ニコライ), ゲッダ(ニコライ), ヴェルディ, フィルハーモニア合唱団, フィルハーモニア管弦楽団
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 2005/03/02
  • メディア: CD

1963-4年の録音ですから、それなりのノイズレベルであり、ジャケットに「一部オリジナルマスターテープに起因するノイズ等が有りますがご了承ください。」と書かれているように、

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Britten/WarRequiem6 [声楽曲]

3月ほぼ1ヶ月近くを費やしてご紹介してきた「戦争レクイエムWar Requiem」、最終回は第6曲の「リベラ・メ」。やはりこれでご紹介しましょう。

Britten: War Requiem

Britten: War Requiem

  • アーティスト: Dietrich Fischer-Dieskau, Benjamin Britten, Lord Benjamin Britten, Melos Ensemble of London, London Symphony Orchestra, Simon Preston, Galina Vishnievskaya, Peter Pears, Peter Peras
  • 出版社/メーカー: Decca
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD

1963年、初演直後の録音で、ブリテンが当初意図したロシア(ソ連)のガリーナ・ヴィシネフスカヤ、イギリスのピーター・ピアーズ、ドイツ(西ドイツ)のディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウの3人が一堂に会した記念碑的名盤です。このリンクは米盤ですが、ヨーロッパ盤の新盤(もう少し安いようです)が最近発売されているようです。いずれも、初出時にはなかった(ブリテンが嫌がったらしい)リハーサルの録音が収められています。

このリハーサル風景が含まれたCDは、10年位前に発売されていたと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Britten/WarRequiem5 [声楽曲]

今回ご紹介する演奏は、私の「戦争レクイエム」体験、ブリテン体験の原点とも言える、ちょうど30年前のものです。

ソプラノ:ジェーン・マーシュ
テナー:ジャン・ファン・レー
バリトン:ローラント・ヘルマン
オルガン:ルドルフ・ショルツ
児童合唱:ウィーン少年合唱団
指揮:レイフ・セーゲルスタム
補助指揮:マクシミリアン・ブルーメンクロン
オーストリア放送交響楽団、合唱団
1976年7月31日、ザルツブルク音楽祭ライヴ

先日、読響で「復活」を振ったりしたセーゲルスタムの若かりしころの演奏。放送のときに何らかの紹介はあったはずですが、おぼえていません。これまで聴いてきた録音と比較すると、特に合唱のテンポのメリハリがきいていて、緩急の差が大きいです。例えば

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。